CISSP_Generic_new_500x149

DevSecOps時代の現場の負担を軽減させるセキュリティ環境構築

開発現場と運用現場のコミュンケーション能力を高め、システムやサービスの効率を向上させるために取り入れられたDevOpsから、さらにセキュリティに関する取り組みを取り入れたDevSecOpsが注目されています。DevSecOpsを実現することで、経営層は多くのセキュリティ関する情報を入手でき、適切な判断を行うことができるだけではなく、セキュリティ対策の自動化による現場の負担軽減を可能にします。

新たなITを活用することによって新たなリスクを生むと考えられがちな中で、セキュリティ専門家がどのようにITの現場と連携し、さらなるIT活用を行うか、その環境構築について解説します。

プログラム:
14:00 – 14:30
ITの潮流としてのDevOpsとその課題
マイクロソフト 田丸 健三郎

14:30 - 15:00
ビジネスを活性化させるセキュリティの取り組みとは
マイクロソフト 高橋 正和, CISSP

15:10 - 17:10(途中10分休憩)
サイバーセキュリティ経営を実現するためのアプローチ
経営者が判断できる情報を現場から収集するための仕組みづくりワークショップ
スピーカー: 
 ・マイクロソフト 田丸 健三郎、高橋 正和
 ・(ISC)2 Director of Business Development, Japan 小熊 慶一郎, CISSP
 ・会場の皆様
モデレータ:
 ・株式会社ディアイティ 河野 省二, CISSP

17:10 - 17:30
終わりに・・・今日の議論とセキュリティのトレンド
株式会社ディアイティ 河野 省二

 

日程:2017年4月8日(土)
時間: 14:00-17:30(13:30開場)
会場:日本マイクロソフト本社(品川)
費用:無料

主催:(ISC)2
共催:日本マイクロソフト

お問い合わせ:infoisc2-j@isc2.org

 
 
 
 
 
 
 
 

 

Top